スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


| Top↑

【動画あり】2010年春 ハモネプリーグ10 優勝は高校生グループ「センメ」

今回もやってきました全国ハモネプリーグ!
記念すべき第10回目となった今回のハモネプ、かなりレベルの高いグループが集まっていましたね~
前回のハモネプの記事
ハモネプ優勝「姉と僕」(動画あり)
いやー、今回も良かったですねー、盛り上がりました。
純粋に歌を聞いて泣けることなんて、そうそうないんじゃないでしょうか?
動画ranking
今回も熱戦が繰り広げられたハモネプリーグの決勝に出場した全15グループのレビューをしたいと思います。
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2010冬

sponsored link



Aブロック1組目は、新潟の大学生によるユニット「ノーナイズ」
昭和の歌を現代に、をキャッチフレーズとした男女混合のグループ。
予選では「かもめがとんだ日」をアレンジしていました。
ハーモニーの美しさはもちろんのこと、リードボーカルの歌唱力が素晴らしい!!
点数はいきなりの91点で、ざわめく会場・・・

すでに動画がアップされていましたが、すぐに消えてしまうかも?
動画ranking
YouTube - アカペラ甲子園 ハモネプ 10 ノーナイズ 予選

二組目は市立船橋高校の高校生によるグループ「ピノ☆」
若さあふれる歌声で、ピンクレディーの渚のシンドバットを熱唱しましたが点数は87点と決勝進出には及ばず。

そして、三組目は個人的に一番好きな前回の優勝グループ「姉と僕」
3姉妹と長男であるしょうくんの4人のユニットですが、しょうくんの変声期ということもあり少し不安が残る仕上がりになっていたようで心配していたのですが・・・
曲は坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」

心配もどこへやら、細かいクレッシェンドなど全体の息もあっていてやっぱりレベルが高い!!
聴き終わった後も、ずっと余韻が残っているような感じ。
しかし、得点は90点でまさかの予選敗退・・・
これにはショックをうけました。
前回の優勝者ということで、プレッシャーもすごかったでしょうね。
これも経験と思い、また次回にガンバッテ欲しいです。

四組目は北海道教育大学のユニット「カペラ」
地区予選TOP通過とのことです。
歌った曲は嵐のHappiness。
リズムのいいナンバーでしたが、結果は81点。予選敗退

五組目は早大・上智大などの複数の大学からなるグループ「スクリュー」
名門合唱団のOBで結成されたとのこと。
曲はバンプ・オブ・チキンの「花の名」
結果は86点で予選敗退。

このAブロック、一番の見所はやはり姉と僕だったと思います。
彼らの歌声には何か引きつけられるものがあり、今後を期待せずにはいられません


Bブロック一組目は、立命館・その他の大学からなるグループ「A-Z」
以前にも優勝経験があり、しかもハモネプ史上最高得点となる99点をたたき出したこともある実力派のグループ。
曲はドリカムの「うれしい!たのしい!大好き!」
A-Zはリードボーカルがハンパなくうまいですね~
しかも、バックコーラスの女子3人組のコーラスがリードを邪魔することなく、まさに一つのハーモニーとなっている。
司会のネプチューンも言ってましたが、会場の雰囲気が一気に変わりました。
動画ranking
点数は堂々の95点!

二組目は二子玉川にあるインターナショナルスクール「セントメリーズ高校」の男子高校生グループ「センメ」
なんと、今回のハモネプでは敗者復活(審査員特別枠)にて復活した後、優勝してしまいました!!!

メンバーは、アンディくんを除く全員がセントメリー高校のコーラス部に所属しているようです。



曲は「いとしのエリー」

上の動画は、ハワイのショッピングモールでのパフォーマンスの動画。
(コーラス部で行ったハワイにてのパフォーマンスなので、アンディ君だけ欠席だそうです)

レイ・チャールズが歌った、英語バージョンと日本語をミックスしたアレンジ。
リードボーカルは日本人のしゅんや君でしたが、さすがに英語うまい!


Bブロックはかなりレベルが高く、聞いていても「全部優勝じゃないか!?」と思えるような出来。

前回にも決勝まで進んだ見た目はチャラいけど努力家のグループ「腹筋大学」もエグザイルの「Someday」を熱唱し、出だしからパンチのある歌声に圧倒されました。

今回印象に残ったのは、やはり最後のセンメの決勝の曲。

決勝で歌ったのはセントメリー高校の卒業式の定番ソングだという加山雄三の「海・その愛」
これから卒業して別々の道を歩むであろう6人の、高校時代の集大成。
かなり気持ちの入ったまさに「魂の歌声」でした。

歌声ももちろんですが、卒業を間近にした6人の心というか、青春というか・・・
聞いている人間に訴えかける要素が多々あったんだと思います。
納得の優勝です。

「センメ」ブログはこちら
センメ

次回のハモネプも楽しみ!
テレビ | ranking:148comments:1 | ブックマークに追加する | Top↑

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/09/26-04:36 | | #[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。