スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


| Top↑

石山龍大(矢沢永吉ものまねタレント)が本家矢沢永吉を訴える

ものまねタレントのが、本家である矢沢永吉を
逆に訴えるというなんとも奇妙な現象が起きている。
事の発端は、石山龍大が自身の公式サイトにて
が唯一認めたものまねタレント」と記述していたことが
この騒動の発端となった。

石山龍大(矢沢永吉ものまねタレント)が本家矢沢永吉を訴える

矢沢永吉の所属事務所は、この石山龍大のサイトに対して
矢沢の名前の使用を中止するように再三連絡したにもかかわらず
石山龍大はそれに応じなかったという。→ranking


sponsored link


いつまでたってもサイトを変更しない石山龍大に対し、
矢沢永吉側が石山龍大に対して、1000万円の損害賠償を請求。

矢沢永吉の所属事務所は、
「矢沢が唯一認めたという内容は全くの事実無根で、
矢沢がそういったことに一切関与もしていない。
再三にわたり名前の利用をやめるよう求めたが、一向に状況が変わらず、
納得いく内容までには至らなかったため、法的手段に訴えることになった」
と説明している。



この件に関して、石山龍大は
「16年前に矢沢さんから“石山を認める、許可する。
その代わりもっと頑張れ”と言われた。削除は業者に任せていたら遅れてしまった」
と釈明していた。
参照:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/12/08/02.html

ところが今回、石山龍大が矢沢永吉を逆提訴。

石山は
「ものまねをしても良いと、最初は口頭で認めてくれていた。
無断じゃない。『世界の矢沢』が何なんだと最初は残念に思ったが、
残念を通り越して怒りに変わり訴えることにした」
と語っているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000018-nks-ent

石山龍大サイドも、損害賠償を求めて徹底的に争う姿勢だという。
矢沢永吉の事務所は、訴状を見ていないので答えようがない、と
今はこの事件について対策中のようだ。

ものまねが本家を訴えるという、なんとも奇妙な事件に発展してしまった。
社会 | ranking:148comments:2 | ブックマークに追加する | Top↑

コメント

本家訴えるなんていい根性してる

2008/01/11-20:00 | URL | #-[ Edit]

どう見てもモノマネの人が悪いでしょ~
この人、車屋さんが納車遅れたからって殴ってつかまったよね

2008/01/12-02:13 | URL | #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。