スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


| Top↑

泣ける映画ベスト5

大人が選ぶベスト30、という企画が
テレビ番組のSmaSTATION(スマステーション)で発表された。

スマステーション 泣ける映画

これは、スマステーションが大人2000人にアンケートを取って
「泣ける映画」のベスト30を決定した、というもの。
ここでは、その泣ける映画ベスト5をピックアップして
各映画の解説と共にお届けする。→画像ranking

sponsored link


泣ける映画ベスト30
スマステーションが2000人対象に調査した
泣ける映画ベスト30
http://www.tv-asahi.co.jp/ss/273/special/top.html

泣ける映画ベスト5

第1位
『タイタニック』 1997年公開
1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる……。


第2位
『アルマゲドン』 1998年公開
テキサス州と同じ大きさの小惑星が、時速3万5千キロの速さで地球に接近していた。衝突すれば地球は確実に消滅する。絶望的な時間との闘い。全人類、そして地球そのものの運命が8人の男たちに託された。残された時間はあと3日…

第3位
『ゴースト ニューヨークの幻』 1990年公開
N.Y.の銀行マン、サムは陶芸家の恋人・モリーと一緒に暮らし始める。しかし、幸せ一杯のある日、サムは突然強盗に襲われて死んでしまう。幽霊となって、モリーの側で彼女を見守るようになるサム。ところがモリーの身にはある危険が迫っているのを知ってしまった。

第4位
『グリーンマイル』 1999年公開
スティーブン・キング原作の小説をフランク・ダラボン監督が映像化。双子の少女を殺害した罪で刑務所に送られてきた死刑囚と、彼の起こす奇跡によって幸せになっていく周りの人々の心の交流を描いた感動のヒューマンドラマ。出演にトム・ハンクス、マイケル・クラーク・ダンカンほか。

第5位
『ショーシャンクの空に』 1994年
ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。最初は孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で調達係 のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。


1990年代の作品に、票が集まっている事実が
面白い結果だと個人的には感じた。
今回は洋画のみの泣ける映画ランキングだったが、
邦画もいれるとまた違った結果になって面白いと思う。

映画 | ranking:148comments:0 | ブックマークに追加する | Top↑

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。