スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


| Top↑

エイミー・ワインハウス・イギリスのお騒がせディーヴァ

イギリスのR&Bシンガーである
グラミー賞にて5冠を達成した。



通常なら、グラミー賞を受賞したアーティストは、会場に足を運んで
グラミーの授賞式を受けるのが慣わしではあるが、
なんとこのエイミー・ワインハウス、一応新人扱いであるのにもかかわらず
グラミー賞の会場には行かずに地元からの中継で受賞のお披露目をした。

そこには、驚くような事実が隠されていたのだ・・・・→動画ranking

sponsored link


実は、エイミー・ワインハウスがアメリカのグラミー賞の会場に
行かなかった理由として、エイミー自身の行動に少々問題があったことが
あげられる。

エイミー・ワインハウスは薬物使用の容疑やアルコール依存症などを理由に
米国がビザの発行を拒否してしまったのだ。

結局、直前になってビザは最終的に下りたのだが
エイミーは結局グラミーの授賞式には参加せずに、地元からの中継となった。

この受賞の際に歌った「リバブ」という曲は、
社会現象にもなったブームな曲。

エイミー・ワインハウス自身のアルコール依存症からの
リハビリの体験を歌った曲だという。

エイミーは、現在服役中である夫・ブレイク・フィールダー=シヴィルの名を
歌っている間に何度も叫んだという。

エイミーは体中にタトゥーが入っていることでも有名。
エイミーのタトゥー画像

エイミーは受賞が決まった瞬間、少し戸惑いながらも
「投獄された私のブレイクに。そして、ロンドンに。これはロンドンに捧げるわ!」と述べた。
テレビ | ranking:148comments:1 | ブックマークに追加する | Top↑

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/09/27-12:01 | | #[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。