スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


| Top↑

岡田ジャパン トーゴに圧勝!

14日に宮城スタジアムで行われた、キリン・チャレンジカップでトーゴ代表と対戦したサッカー日本代表は、前半開始直後から圧倒的なボール支配を見せ、トーゴを圧倒。相手にシュートを1本しか許さず、終わってみれば 5-0の圧勝。

ワールドカップに向けて上々仕上がりを見せた。

試合は前半5分に遠藤の左サイドからのクロスを岡崎が右足で押し込み先制。
前半8分にも中村憲からの低いクロスを同じく岡崎が、さらには、前半の11分には、長友からのクロスを森本が豪快に決めて代表初ゴールを飾った。

日本代表は、前半の11分までに3ゴールをあげこの時点で勝負が決まったといっても過言ではないが →ranking

sponsored link


その後、前半は得点を奪えずにハーフタイム。

後半は、徳永、森本、遠藤を外して、内田、大久保、本田を投入。
後半20分までは、圧倒的に押し気味に進めながらも得点は奪えない日本代表は、その後半20分に長谷部からのクロスを走りこんだ岡崎がヘッドで決めてこれでハットトリック。

さらに、試合終了間際の後半40分には、左サイドの石川が大久保へ低いクロス。大久保のシュートはGKに阻まれるが、こぼれた所を本田が押し込み5点目。このまま試合が修了し、日本代表は5-0の圧勝。トーゴを下した。

ただ対戦相手のトーゴは、前払いの契約金でチーム内がもめたり、主力選手の殆どが来日しなかったり、さらには、ワールドカップの出場を逃してモチベーションが下がっていたりと完全にやる気のない格下のチームでした。→芸能ranking

岡田監督も「もちろん強い相手とできることに越したことはない」と相手の弱さに腹が立ったようで、せっかくのアフリカ対策として組んだ強化試合が全くの参考にならなかったのが残念だったようです。

特に、森本-岡崎の新ツートップをもう少し試してみたり、また不安のの残る守備面がどのように機能するかも見たかったはずです。

しかし、収穫が完全に無かった訳でもない。今回の合宿で入念に練習していたサイドからの低くて速いクロスは効果的に上がっていたし、精度も悪くはなかった。結果、この試合の全得点はサイドからのクロスを起点にあげている。

また、森本も代表初ゴールを難なく取れて、次からはもっと楽な気持ちで試合に臨めると思うし、中盤からのプレスも効果的に効いていたと思う。

相手のやる気をどうこう後から言っても、日本代表のプラスになる訳ではない。なので、プラスの面、マイナスの面をしっかりと見つめなおし、次につなげて言って欲しいと思います。

スポーツナビ|試合速報/詳細|日本 対 トーゴ -キリンチャレンジカップ2009 ~ALL FOR 2010!~-

岡田監督ぶ然!トーゴ前払い契約金で大もめ!やる気なし(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
スポーツ | ranking:148comments:0 | ブックマークに追加する | Top↑

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。