スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


| Top↑

バガボンド年内にも完結!?その時井上雄彦氏は・・

井上雄彦サイト

人気コミック、バガボンドがなんと年内にも完結するというビッグニュース!
井上雄彦氏『バガボンド』の年内完結を宣言! 連載12年目で遂に幕(オリコン) - Yahoo!ニュース

バガボンドは好きでよく読んでいたのですが、こんなに早く完結するとは・・と思っていたけれど、ホームページ内で作者である井上雄彦氏が「干支が一回り」と発言している事から→→ranking
12年は連載してたんですねえ。

こう考えると長いのかも。
詳しい内容は以下から
→ranking
【古本】バガボンド [1~31続巻] (著)井上雄彦


sponsored link


記事によると、井上雄彦氏は自身のサイト内で

「12周年の『バガボンド』はラストイヤーとなるでしょう。....なるはず。する。干支が一回りで(長い!)区切りもいいしね」


と発言。
バガボンドは、吉川英治氏の小説「宮本武蔵」をベースとして描かれているコミックですが、やっぱり井上雄彦さんの絵柄がいいんですよね。
ペンできちっと描かれたものも魅力的ですが、時には筆のカスレや力強さを強調して、バガボンドの主人公である武蔵の心情や葛藤をうまく表現していると思います。
バガボンド 武蔵

バガボンドの意味は、放浪者だとか自由人という意味。
ずっとバカボンドだと思っていたのはないしょです。

着々と終わりに近づいてはいたものの、いざ終わると知るとなんだか悲しい。
スラムダンクの最終回の時も、同じことを思いました。

これだけ人の心に何かを残す作品が作れるというのは、ほんと尊敬に値します。
井上雄彦さん、お疲れさまでした。
そして、最終回まで頑張ってください!!

コミック | ranking:148comments:0 | ブックマークに追加する | Top↑

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。